ご挨拶

吉澤 正之

(国際基督教大学卒 指導歴30年 英語担当)

30年間帰国生と付き合ってきて思うことは、海外生活を通して、ある人はとても苦労して、またある人は自然のうちに得てきたものが必ずあるということです。そして、帰国後、今度は日本社会や文化に適応し、そこからまた大切なものを吸収しているはずです。

ただ全く同化しきれないところもあるのではないでしょうか。それは、それでとても大切なことだと思います。LEOは小さな塾ですが、私たちスタッフは全員帰国生を理解できると信じています。そして、あなたたちが海外生活で得たものを誇りに思い、それを他の人に伝えたり、将来の仕事に役立ててもらいたいと願っています。小さい塾なのでたくさんのことはできません。

私たちは、あなたたちが英語をさらに鍛え、正しい日本語を学び、どちらの言語でも自分の経験を他の人に伝えることができるようになってもらいたい。そして、日本の社会で又は異国の社会でその経験や技術を生かして、仕事が出来る人になってもらいたい。そのためには少しでも役に立つことができたらいいなと思っています。LEOはこのような塾です。