• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP >  お知らせ > 平常授業コース紹介その1
平常授業コース紹介その1

[  2012/12/10 12:12  ]

平常授業(1月〜3月)開設コース

 コース紹介 1

 1. 高2英語長文コース、高2英文和訳・エッセイコース、
 高2社説要約・語彙コース

 高2生は、そろそろ本気で入試について考えましょう。LEOでは、9月から
入試スタートの人が多く在籍し、結果を出しております。9月スタート、つまり、
夏休み終了後に本番となるわけです。早目に準備に取り掛かりましょう。

 2013年度入試から、一部入試日程を紹介しております。

 9月  ICU・上智帰国入試、     青山学院海外就学経験者入試
 10月 中央英語運用能力入試、  早稲田政治経済・国際教養AO入試
     青山学院自己推薦入試、  明治国際日本学部AO入試
 11月 立教自由選抜入試

 今年の高3生は、驚異的な結果(合格確率)を出せました。共通して言える
ことは、とにかく英語の勉強の質が高かったことと量が多かったことです。
その結果、次のように伸びていきました。

 語彙力が増え >>> 読解力が付き >>> 自分で考える力が付き 
>>> 自分の考えを発信する力が付き >>> 得点力が付いた

以上です。また、この過程の中で、英検やTOEFLでも素晴らしい結果を出す
ことができました。

 大学入試の英文は、ネイティヴの学者の文章がほとんどです。つまり、
内容も難易度がかなり高いということ。文章を一読して「あっ、分かった」
という言葉ほど怖いものはありません。実際には、ほとんど分かっていま
せん。それに気付いた時点で、本当の勉強が始まると言ってもいいでしょう。
LEO生ならこの意味がよーく分かるはずです。


 特に、秋に行われる入試では、記述で答える問題がほとんどです。つまり、
真の読解力が問われます。その読解力を、今度は得点に結び付けていく
必要があります。そのため、和訳や要約練習が不可欠になります。また、
試験によっては英語エッセイも要求されるため、その練習も重要です。
それらをしっかりやってくれれば結果は付いてきます。

 今年度の高2生も、高3生に続けて良い結果を出せるよう、がんばりましょう。

▲ TOP ▲

卒業生の大学紹介