• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP >  Q&A > 突然の帰国となりました。日本の学校のこと...

突然の帰国となりました。日本の学校のことは考えていなかったので、慌てています。高2、中3、中1の子供がいます。高校受験準備はしていません。また、他の2人の子供を受け入れてくれる学校はあるのでしょうか?

まず、高校受験についてお答えします。ご帰国後、首都圏にお住まいの場合は、帰国生受け入れ校も多く、入試日もいろいろですので受験のチャンスはたくさんあります。ただ、受け入れ校でも様々なタイプの学校があります。ご質問から察するところ、日本の学校のための勉強はそれほどなさらず、現地校でがんばってこられたご様子。そうすると、一般入試とは異なる試験、選考を実施する学校を受験なさった方が良いかと思われます。例えば現地校のレコードを重視してくれるICU高校や、学芸大大泉、桐朋女子、都立国際、英語力を最重視してくれる渋谷幕張などが考えられます。また、慶應藤沢、早大本庄(AO)、青山学院なども、一般入試とはかなり異なる入試を実施しています。

次に、高2、中1のお子様についてお答えします。やはり、首都圏にお帰りの場合は、編入試験を受験できるチャンスは多いでしょう。特に学期の変わり目には多くの学校(特に私立)で編入試験を実施します。最もいい時期は2学期の編入です。しかし、この場合、試験はたいてい7月に実施されます。次にチャンスが多いのは新学年への編入です(新中2、新中3など)。このケースでは試験実施時期が学校によってかなり異なりますので注意してください(2月〜3月中旬)。

上のお子さんの場合、高2の2学期以降に国内の高校に編入されますと、帰国生として大学受験できる学校がかなり残ります。下のお子さんは新中2の時期にご帰国でしたら公立中学に編入し、高校を帰国枠で受験するということも十分に考えられます(すべての受け入れ校ではありませんが)。

  [   似たQ&Aを読む  ]  ▲ TOP ▲