• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP > Q&A >  海外赴任前  集

渡航前に、渡航先の言語をどうやって学習するべきですか?

お子様の年齢によって準備の仕方が異なると思います。小学校低学年まででしたら、特に準備は必要ないでしょう。小学校高学年以上の場合は、現地の言語で読む練習をしておくと良いでしょう。特に中学生以上ですと現地校での読む量はかなりのものですから、読む練習をしておくことをお薦めします。

LEOでは、渡航前に英語の読みと語彙を増やす授業を受講していただけます。特に、高校に入られた方からはやっておいて良かったと大変喜ばれています。

  [   似たQ&Aを読む  ]  ▲ TOP ▲

子供の勉強用に、日本から何を持っていけば良いでしょうか?

辞書は持っていくべきだと思います。例えば、英語で勉強する環境に行かれるのでしたら、英和・和英辞書は必須です。問題集や参考書などは、特に必要だとは思いません。日本語を忘れてしまうとか、日本の勉強に遅れてしまう、ということは仕方のないことです。

それに憂える前に、現地の言葉の習得に力を注ぎ、現地の勉強に一日も早くついて行けるようにすることが先決でしょう。そうした人の成功例のほうが圧倒的に多いです。

  [   似たQ&Aを読む  ]  ▲ TOP ▲

子供は現地校に通うことに、かなり不安を持っています。積極的な子ではないので、とても心配ですが。

不安でないお子様はいないと思います。大人でも不安です。また、国内で引越しして、新しい学校に通うことになっても不安なはずです。「家族みんなで頑張ろうね。」という雰囲気を作りましょう。現地校では、先生も生徒も、本人が口を開くのを待っていてくれると思います。片言でも問いかけていくと一生懸命答えれくれると思います。

  [   似たQ&Aを読む  ]  ▲ TOP ▲

これからいく所には、日本語補修校があるだけで、他には日本の勉強が出来る塾等が一切ありません。帰国後、受験や、学校の勉強に対応できるか不安なのですが?

日本のことはしばらく忘れるほうが良いでしょう。お子様は、現地の学校に慣れるのに精一杯です。「友達ができるか?」、「いつ言葉が分かるようになるのか?」など、不安一杯で現地校に通うことでしょう。まずはお子様が一日も早く現地校に慣れるよう応援してください。

日本に帰国してからのことは、現地校の勉強について行けるようになり、心に余裕が出てから考えて下さい。

  [   似たQ&Aを読む  ]  ▲ TOP ▲