• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP >  体験記・推薦文 > 岩成勇輝さんのメッセージ
岩成勇輝
  • 名前   : 岩成勇輝 さん
  • 出身校  : Blind Brook H.S. New York
  • 滞在国・期間 : アメリカ 1989年〜1995年、1999年〜2004年
  • LEOで役立った講座: 帰国子女大学受験コース
  • 合格校  : 慶應義塾大学経済学部、慶應義塾大学商学部、早稲田大学教育学部、上智大学外国語学部
Message...

 今こうして合格体験記を書くことができるのはLEOのお陰であり、本当にうれしく思う。正直、私は決して勉強は好きな方ではなく、自分から進んで机に向かうということはあまりなかった。しかし、高2から高3になる夏休みにかけてアメリカから一時帰国し、LEOで2週間程お世話になった時から私の考えは変わった。その時の体験を踏まえてLEOで勉強することを強く勧めたい。

 LEOをはじめて利用したのは上記の通り、高3になる前の夏休みであった。私はせっかくの一時帰国ということで、昔の友達と再会したり、遊んだりしたいという気持ちが強かったが、母親や姉の勧めもあってLEOで日本の高校生と共に勉強することにした。

 僅かな時間ではあったが、その時に自分のレベルの位置づけと、日本の高校生がいかに勉強をしているかということに気付かされた。そしてそのことにより、アメリカに戻って受験まで残り一年という事実を真摯に受け止め、以前よりも自ら勉強をするようになった。SAT・TOEFLも以前とは違って真剣に対策をするようになり、小論文・受験英語などの勉強も始めた。結果として高3の間に受けたSAT・TOEFLで良いスコアを出すことができ、自信をもって本帰国を迎えられた。

 本帰国後ももちろん、受験までの間LEOを利用し、私の弱点でもあった現代文、小論文の強化に努めつつ、英語の問題も数多くこなした。2ヶ月間LEOで受験対策をしたことによって、自分の実力の更なる伸びも実感することができ、他の大手予備校に通う知り合いにも負けないという自信をつけることができた。大手予備校に劣るのでは、という心配をする必要は決してないのである。事実、LEOで行う練習問題のレベルは高いため、実際の受験では特に現代文と英語の試験問題については、予想以上に簡単に解くことができたのである。

 大手予備校に通うことが決して良いのではなく、少人数制で自分の実力を確実に伸ばしてくれる先生のいる場所で勉強することが合格への近道なのではないだろうか。それがこのLEOである。志望校合格を望む後輩たちにも、LEOに通うことを強く推奨する。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲