• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP >  体験記・推薦文 > 佐野桃子さんのメッセージ
佐野桃子
  • 名前   : 佐野桃子 さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高校
  • 滞在国・期間 : アメリカ/2年 シンガポール/3年
  • LEO 利用期間 : 高2の1学期〜高3終わり(1年半位)
  • LEOで役立った講座: 英問英答、小論文、時事教養、英語記述・長文読解
  • 合格校  : 早稲田大学国際教養学部
Message...

「LEOの受験勉強で良かった点」

 私が、LEOに入ったのは、高2の英検コースを受講した時でした。当時(多分今も)私は眠り癖があったのですが、LEOは少人数制で先生の目がきちんと行き届いていたので緊張感を保つことができました。

 高3になるとコースの数も生徒数も増え、本格的に自分は受験生になったのだと感じると同時に、焦りも感じ始めました。受験までもう1年もないのに、英語の長文は読めない、英語のエッセイや小論文は時間内に終わらない。LEOはかなり早い時間から難関大の問題を与えてくれたので、今思えば早くから特訓できて良かったけれど、当時はかなり大変でした。周りもまた出来る人ばかりだったので何とかその人たちに追いつけるよう、必死に頑張っていました。

 LEOの良い点は入試に的を絞った問題を出してくれるところ、そして気軽に質問したり受験の相談をする事ができるところです。過去の先輩の話を聞いて励まされることもありました。そして私が何よりLEOに感謝しているのが、AO試験の為の志望理由書の添削です。正直言って私は志望理由書とは何なのか全く分からなかったので、取り敢えず書いて先生に見て頂きました。先生が添削してくださったお陰で文がしっかりとまとまり、新たな点を付け加える時も、それを土台に内容を発展することができました。

 早稲田の入試には他に筆記と面接の試験があったのですが、筆記は直前期まで英問英答のクラスで、その入試向けの勉強をしたので本番も動じませんでした。また面接も志望理由書できちんと自分の考えの方向づけができたので、当日も落ちついて臨むことができました。私の合格はLEOの先生方のお力添えなしには到底得ることはできなかったと思います。

 LEOは、様々な経歴の人がいる楽しい塾です。皆まじめにやるけれど、面白い時は大笑いします。私は充実した受験生活が送れました。LEOで頑張って栄冠を勝ち取ってください!!

佐野桃子さんの受験生活
受験生活とLEOの講座

英語の長文を読み始めた頃。とにかく単語を知らないので読めない文が多く、時には1行毎に数単語調べていた始末。集中的に勉強していたのは英単語や英熟語だった。単語テストも思うように点が取れず、覚えて忘れての繰り返しだった。他の科目も大変だったのだが、私は英語が鍵だとふみ、優先順位をつけて勉強した。

1日10時間勉強することを目指し、計画表に毎日何時間勉強したかを書き入れていた。計画表を作ることで、自分を励ますことも戒めることもできたので、個人的には良かった。コツは目先の1週間の計画だけを立てること。こうすると次の週には多少勉強量を増やすなり減らすなり調整ができる。そして計画を立てる際には、初めは少なめに立てると良い。理由は、量が多くてこなしきれないということがないからだ。

夏休みの最後に国教のAOを受ける事を決意した。9〜12月の間はAOの準備と2月の試験に向けての勉強を両立させるのにかなり苦労した。この時期は文化祭や体育祭、模試や遠足など行事がてんこもりだったので、よく頭が混乱した事が多く、その度にカレンダーと計画表を確認し、課題を1つ1つこなしていた。

国教に無事合格し、ほっとしながらも次へ向けて勉強を始めた。この時期は大学への願書を書いたり、入試会場を確認しに行ったりと割と忙しかったので、夏と秋よりも勉強時間が減った時もあった。直前期は過去問を解いたり、不安な点の再確認をして入試に備えた。結果的に2月の試験は駄目であったが、その時に勉強した事は大学に入っても役立つことなので、無駄だったと思うことはなく、むしろ達成感でいっぱいだった。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲