• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP > 体験記・推薦文 >  OB OG  集
 
  • 名前   : 浅尾遥 2016年度生 さん
  • 出身校  : 頌栄女子学院
  • 滞在国・期間 : アメリカ7年
  • LEO 利用期間 : 1年半
  • LEOで役立った講座: 英語長文、英語エッセイ、英文和訳、小論文
  • 合格校  : 慶應義塾大学法学部 慶應義塾大学環境情報学部 青山学院大学政治経済学部
Message...

 アメリカに七年間滞在し、小学校4年生で帰国した私は、
英語力を維持するためにLEOに通い始め、そのまま中学
受験でお世話になりました。LEOでは英検、TOEFL、
英語長文、英文和訳、エッセイ、小論文の授業を受けました。
また、AO試験の対策として、活動報告書など、何度も添削して
いただきました。

 吉澤先生は授業でよく先生自身の体験を話してくれます。
英文の解釈や単語の意味だけでなく、英文についての見解を
述べて下さるので、エッセイを書く際に参考にしました。毎週
行われる単語テストも自分なりに工夫して高得点を取れるよう
勉強しました。

 授業でかなり難易度の高い英文を解いていたため、本番の
試験の英語は正直簡単に感じました。でも、それはLEOで膨大な
量をこなし、確かな語彙力を身につけていたからだと思います。
それは自信につながったし、今振り返れば、諦めずにやってきて
良かったと心底思います。

 六年間部活を続けながらの通塾であっあたため、大変でしたが、
諦めずに続けてよかったです。これまで培った英語力をさらに
発展させ、大学では念願の政治の勉強に励みたいです。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 江越茉穂 2016年度生 さん
  • 出身校  : 頌栄女子学院
  • 滞在国・期間 : アメリカ
  • LEO 利用期間 : 2年半
  • LEOで役立った講座: 英語長文、英語エッセイ、英文和訳、小論文、TOEFL、英検
  • 合格校  : 上智大学国際教養学部 青山学院大学文学部
Message...

 小学六年生の時にアメリカから帰国し、日本の中学校に
通っているうちに自分の英語力が徐々に落ちていることに
気づきました。なんとか英語力を取り戻したいと思い、中学
受験でお世話になったLEOに、高校一年生で通うことにしま
した。

 LEOでは、エッセイ、長文読解、和訳、TOEFLなどの授業を
受けました。当初は、得意であったはずのエッセイでさえ、
一時間半かけても数パラグラフ書くのに精一杯でした。長文
読解やTOEFLでも文章中に分からない単語が多く、内容を
完全に理解することが出来ませんでした。

 しかし、LEOで授業を受け続け復習を重ねていくうちに、
段々英語力が上がっていくのを実感することが出来ました。
高校三年生の時点では、語彙力も身につき、自信をもって
受験に挑むことが出来ました。先生はいつでも熱心に教えて
くださり、生徒一人一人をしっかり見てくださっています。また、
授業中にしてくださるお話しもとてもためになり、自分の考えを
述べる際の材料にもなりました。

 先生を信頼し、毎授業を真剣に取り組むことで、きっとその
努力は報われるでしょう。また、LEOでの勉強により、大学に
入ってからも問題のないほどの英語力を身につけることが
できたと思います。4月からの大学生活が楽しみです。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 村上優里さん 2014年度生 さん
  • 出身校  : 成蹊高校
  • 滞在国・期間 : ベトナム
  • LEOで役立った講座: 英語長文コース、英語エッセイコース、小論文コース
  • 合格校  : 国際基督教大学(AO)、早稲田大学国際教養学部(AO)
Message...

 私がLEOに初めてお世話になったのは、小学校
四年生で帰国したあとに、英検準一級取得のための
講座を受講したときです。中学生のときも、学校の
テストや、クラスについていくためのサポートなど、
個人的に全て対応してくれました。

 そして高一から1年半、また海外に移り、高2の夏に
帰国し、やっと大学のことを考え始めました。進路
決定は遅い方だったと思います。何をどうしたらいいか
わかりませんでしたが、LEOで吉澤先生のアドバイスの
もと志望校を決め、Writing/Reading/小論文の講座を
受講ました。それとは別に志望理由書を含める様々な
書類の作成もLEOの先生方に添削をお願いしました。
特に、ICUの一次試験は書類選考なので、自分の納得の
いくまで書類を詰めて直して添削してもらっての繰り返し
でした。Writingの講座は、受講している生徒の志望校
などに合わせ、先生が過去問題を授業中に扱ってください
ました。

 LEOは帰国子女に関してはプロであり、アドバイスも
適格です。少人数クラスということもあり、生徒一人一人を
見てくれます。AOは本当に書類の作成とアピールポイントの
主張が大事だと思うので、私のことをよく知っているLEO
だからこそ納得のいく結果が出たと思っています。本当に
感謝しています!


[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 宮川燿太朗くん 2014年度生 さん
  • 滞在国・期間 : ポルトガル、アンゴラ
  • LEO 利用期間 : 約1年
  • LEOで役立った講座: 中3英語、国語、数学コース、英検1級コース
  • 合格校  : 国際基督教大学高校
Message...

 僕は、帰国後約一年間LEOで学びました。

 英語の授業では、毎週単語テストがあり、文法を
学び、さらに、一つのテーマに対して自分の意見を
書く作文などを学べたので、日本に住んでいても
英語力は衰えることはなく、新しい単語も知ることが
できました。英検のコースも受講し、英検の問題にも
しっかり対応することができ、英検1級を取ることが
できました。

 少人数の授業だったので数学と国語の授業でも
わからないところはすぐ先生に聞くことができ、日本の
中学校で苦手だったこれらの教科でも成績を上げる
ことができました。そして、日本の学校の成績も目標を
クリアできました。

 高校受験での面接のアドバイスや、先生が過去に
教えていた生徒たちの話など、授業の中でたくさんの
ことを知ることができ、受験にとても役立ちました。

 LEOで勉強したおかげで、第一志望校に合格できたと
思います。本当にありがとうございました。


[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 白井まりあさん 2014年度生 さん
  • 出身校  : 東京学芸大附属国際中等教育学校
  • LEO 利用期間 : 約1年
  • LEOで役立った講座: 英語長文、英語エッセイ、小論文
  • 合格校  : 上智大学、国際基督教大学帰国入試
Message...

 私がLEOで学んだことは、努力を重ねればそれが
必ず形になるということです。帰国してから大学の帰国
入試に対する知識はほとんどないも同然の状態でLEOに
行き、まずは的確な情報をもらい、高校2年生の冬休み
から私の受験勉強は始まりました。

 学校の友達のほとんどが既に塾に通っていたので自分は
遅れを取っているのではないかと不安に思っていました。
しかし、先生が最初に「勉強した量と努力した分だけ結果が
返ってくる」と言ってくださった言葉を信じ、出された課題や
宿題、問題を一生懸命解き、数をこなし、和訳やエッセイの
基礎を自分の中に叩き込むように勉強しました。最初は
和訳が本当に大変で授業も億劫になるくらいでしたが、
だんだんと量をこなすうちに四苦八苦していた問題も解ける
ようになり、最終的には志望校にも合格でき、努力は本当に
実るのだということを教えてもらいました。

 また、全く違う学校に通う帰国生の友達も増え、学校とは
また違う心のよりどころにもなります。さらに、様々なトピックの
テキストを通して先生らと意見を交わして、いろいろな意見を
聞くことができるので、社会勉強としての知識や、日本語小論文
にも役立つ知識を蓄積することができ、本当にためになりました。
LEOで学んだことは、受験のためだけでなく、これから先にも
繋がるものです。LEOで学べたことに、本当に感謝しています。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 白鳥 亜美(2012年度生) さん
  • 滞在国・期間 : アメリカ/5年
  • LEO 利用期間 : 半年
  • LEOで役立った講座: 中3英語
  • 合格校  : 国際基督教大学高等学校
Message...

 LEOで勉強できて、本当に良かったと思っています。少人数の
授業だったので、同じクラスの仲間とすごく仲良くなることができ
ました。英語が話せるという共通点を持って日本に帰ってきた仲間
でも、皆違う国、地域で生活していたので、国と国の間でのちょっと
した英語の違いや、文化や習慣の違いを授業での会話で知ることが
できてとても楽しかったです。

 また、授業でやる単語もレベルが高かったので、アメリカで覚えた
英語のレベルさらに上げることができたと思います。毎週30分で書く
英作文も、アメリカで現地校に通っていた頃よりも頻繁に書くように
なったからか、苦手だったのがいつの間にか苦手だと思わなくなり、
LEOに通い始めた頃に書いた英作文と最後の方に書いたものを読み
比べてみたら、最後の方に書いた作文は読みやすく、伝わりやすい
ものになっていました。LEOには本当に感謝しています。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 白鳥 花衣(2012年度生) さん
  • 滞在国・期間 : アメリカ/5年
  • LEO 利用期間 : 半年
  • LEOで役立った講座: 小6英語
  • 合格校  : 成蹊中学校
Message...

 私はLEOで学んで良かったと思いました。いつも優しく丁寧に分かり
やすく教えてくれました。授業は少人数で受けられて、わからない問題が
あっても、すぐに教えてくれました。授業の中で気になったことがあったら、
自然に聞けるので、遠慮しないで何でも聞くことができました。LEOに
通えば分からないことはないと思います。授業が終わってもモヤモヤ感が
なくいつもスッキリとして授業が終われました。

 そして、私が受けようとしていた学校のことも丁寧に教えてくれました。
例年の生徒さんがどのようにしてその学校に入学出来たかも教えてくれ
ました。何でも教えてくれて安心して入学試験にいけました。

授業の休み時間に先生と私でよくお話をしたことを覚えています。先生も
私も犬を飼っていたので、犬の話をしたり、元LEOの生徒さんの話などを
よくしました。勉強以外にもいろいろなことができて、とても楽しかったです。
毎回塾に行くのが楽しくなってきました。私と一緒に塾に通っていた人とも
コミュニケーションが多く取れて友達になれました。それも全部LEOの
おかげでした。
 
 LEOに通えて本当に嬉しかったです。お世話になりました。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 伊藤 勇人(2012年度生) さん
  • 滞在国・期間 : アメリカ/3年
  • LEO 利用期間 : 半年
  • LEOで役立った講座: 中3英語、国語、数学
  • 合格校  : 国際基督教大学高等学校
Message...

 LEOに半年間通っていてとても良かったと感じたことは二つあります。

 まず一つは、僕のクラスは全員帰国生ということでした。しかも皆違った
国や地域から帰って来たので、それぞれ異なる環境や習慣など色々な
話が聞けて興味深かったです。各々バックグラウンドが大きく異なるため、
考え方も多様で話していてもとても面白かったです。

 もう一つは、先生方が僕達が帰国生であることを考慮して授業を進めて
下さったことです。そのため、自分たちのペースに合うやり方で、かつ他の
人たちにもきちんと追いつけるよう生徒一人一人に対してとても丁寧に
指導してくださいました。解らないところなども気軽に聞け、安心して授業に
取り組めました。

 自然に相手を受け入れ共に伸びること、それがLEOの良さだと思って
います。短い間でしたが本当にありがとうございました。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 安永 葉月(2012年度生) さん
  • 滞在国・期間 : イギリス/15年
  • LEO 利用期間 : 半年
  • LEOで役立った講座: 中3英語、数学、国語
  • 合格校  : 都立国際高等学校、国際基督教大学高等学校
Message...

 私は夏期講習から二月までの半年間、LEOで学んだロンドン
からの帰国生です。

 日本に帰国してすぐ、帰国生を対象とした塾を探しましたが、
ほとんどが都心に集まっており、週に幾度も夜遅く、電車で通う
のは難しいと感じていました。その時、吉祥寺にある帰国子女の塾、
LEOを見つけ、以来楽しく通ってきました。

 LEOで学ぶ英語は、一般生の塾では学べないハイレベルな
もので、私の英語力を維持、発展させる大きな助けになりました。
特に毎回授業で書く英作文は、決められた時間内で、与えられた
題について書くもので、入試に必要な文章力をつける事が出来ました。
自分の考えを英語の文章にまとめるという作業は、日本の学校では
あまり行わないので、とても良かったと思います。

 また、LEOには私のような帰国生の生徒達がいて、毎週会って
話をするのが楽しみでした。海外での経験や、日本での生活の中で
感じた事を、シェア出来る友達と先生がいて、とても嬉しかったです。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 川原 萌 (2012年度生) さん
  • LEO 利用期間 : 1年
  • LEOで役立った講座: 英語エッセイ、英文和訳、英語長文、小論文
Message...

 私は、高校3年生の春期講習から大学受験対策のためにLEOに通い
始めました。同じ学校の友人たちに比べると、塾に通い始めるのが遅く、
大学受験の知識、英語や小論文の力が足りないことに不安や焦りを
感じていました。

 でも、LEOに通い始めるとともに、段々と自分に自信が付いて行くのが
実感できました。最初は苦しんだ英文和訳も、辞書を引き引き、先生の
説明を聞きながら、数か月で上達していきました。どこから始めるかも
分らなかった小論文も、例題にあった形で書けるようになっていきました。

 英語も小論文も、授業内容は決して簡単なものではありませんでした。
英語もこのレベルの英文を読みこなすことを要求されるとは思ってもいま
せんでした。でも、そうした難問が理解できた瞬間や、LEOの英単語テストで
満点を取った瞬間が、本番の試験会場での私の自信につながっていきました。

 LEOは、お互い刺激しつつも励まし合う素晴らしい仲間と巡り合わせて
くれました。さらに、授業を通じて、将来なぜ自分が英語を使い、国際的な
場で働きたいかを気づかせてくれました。そして何より、努力した分だけ
自分に返ってくるということを教えてくれました。最終的には、受験結果は
自分の責任なんです。今回は受験でしたが、これは、将来とても役立つ
ことだと実感しています。

 数多くある塾からLEOを選んで、本当に良かったと思います。第一志望校
合格に導いてくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当に
ありがとうございました。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 木井 萌 (2012年度生) さん
  • 出身校  : 頌栄女子学院高等学校
  • LEO 利用期間 : 2年
  • LEOで役立った講座: 英文和訳、英語エッセイ、英語長文、小論文
  • 合格校  : 国際基督教大学、上智大学外国語学部
Message...

 中学三年生のときに日本に帰ってきて、帰国入試に絞ろうと考えて
いたわたしにとってLEOは最適の学びの場であったと思います。

 英語の授業では、早い時期から過去問や先生の作った問題に取り
組むことによって自分の実力が伸びていくのを感じました。特に和訳や
エッセイに関してはしっかりLEOで準備することができたため、上智
大学の試験には自信を持って臨むことができたと思います。 
  
 高3から始まった小論文の授業の内容もとても充実していて、自分
たちの志望校に絞って問題を用意してもらったのも役立ちました。
 LEOの最大の良さは、少人数だからこそ実現できるアットホームな
環境だと思います。先生が生徒一人一人のことをきちんと理解してくれ、
いつでも相談しに行くことができました。大手の塾ではここまで生徒と
向き合うことはできないと思います。試験の直前になって、すごく緊張した
ときも先生たちに勇気をもらいに行くことが何度かありました。また、
周りの生徒も自分と似たような境遇であったため、とても居心地がよかった
です。素晴らしい先生方と仲間たちとともに受験を迎えられたわたしは
本当に幸せだと思います。 

 第一志望に合格できたのも本当にLEOのおかげです。自信を持って
私はLEOをお薦めします。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 江越 瑞穂(2012年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • LEO 利用期間 : 2年
  • LEOで役立った講座: 英文和訳、英語エッセイ、英語長文、小論文
  • 合格校  : 早稲田大学国際教養学部、国際基督教大学、上智大学文学部
Message...

 中学受験の際にLEOにお世話になった妹の大絶賛のもと、私は
迷うことなく高2の夏にLEOへの入塾を決意しました。

 LEOで学ぶことで、似たような境遇にいる仲間と巡り合え、共に非常に
密度の濃い授業を受講し切磋琢磨し合うことで、私の学力は着実に
向上したと実感しています。難解な文章の含意を読み取るために、
自らの意見や体験を語り合ったり、先生の意見を聞いたりすることに
より、読解力が強化されただけでなく、時事問題や世間一般に対する
知識や関心も増し、視野も広がりました。

 LEOの授業はどれもとても充実していて、将来のことや進路のことを
深く考える機会も与えてくれました。緊張や不安で押し潰されそうになった
時はいつでも、先生方や仲間の言葉や存在が励みになりました。LEOは、
早い時期から生徒ひとりひとりを考慮して様々な教材や過去問を用意する
という、受験にとって最適かつ最高な学習環境を提供してくれました。
LEOは本当に素敵な塾です。学校で後輩に受験の相談を持ちかけられる度、
全力でLEOを勧めています。

 入塾当初は、日本語も英語もどちらも中途半端で、自らの語彙力や
読解力不足に苛立ち、自信を持てずにいた私でしたが、入試当日、胸を
張って「あれだけ皆と頑張ってきたから、きっと大丈夫」と思えるほどに
成長できたのも、また、晴れて全ての志望校に合格することができたのも、
LEOのおかげです。心の底から感謝しています。本当に有難うございました。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 林 真希(2012年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • LEO 利用期間 : 1年半
  • 合格校  : 上智大学外国語学部、国際基督教大学、上智大学国際教養学部
Message...

 私は、高2の夏ごろから受験に対して不安になりはじめました。学校では、
AOや帰国入試に落ちた時のために、世界史や日本史を勉強する人が
たくさんいましたが、私は、AOや帰国入試に臨むことにしました。

 そういう私にとって、LEOの吉澤先生の英語の授業は最適でした。授業は
週に2〜3回で各1時間半と決して長くありませんが、時計を見る暇もなく、
和訳やエッセイ、長文問題を次々にやります。私は、特にエッセイの授業が
好きで、死刑制度から環境問題、言語や文化、そして、民主主義やグローバリ
ゼーションなどのトピックについての文章を読み、自分の意見を述べる授業です。
また、先生自身がそれらの問題についてどういう考えを持っているかを話して
くれます。先生の意見はいつも説得力があり、時に心温まるものでした。

 1年半LEOに通うことにより、英語力が付いて自信を持てただけでなく、
時事問題にも興味を持つようになました。先生の授業についていけば、知ら
ないうちにそうした文章を正確に読める語彙力が付き、それぞれの問題に
ついて自分の意見を英語で書けるようになります。LEOで学んだことは必ず
大学に入ってからも役立つと思います。

 特に、AO入試や帰国入試を考えている人にはLEOを推薦します。LEOの
授業を受講していれば、必ず良い結果が出ると思いますし、受験勉強以上の
ことを得ることができます。みなさん、LEOで勉強し、自分を鍛えましょう。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 森本莉穂(2012年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • LEO 利用期間 : 1年半
  • 合格校  : 早稲田大学政治経済学部、早稲田大学国際教養学部、上智大学外国語学部
Message...

 私は、本当にLEOで学べて良かったです。遡れば、帰国した中2の時に
入塾し、高校受験もLEOに通っていました。何回か他の一般の塾にも通い
ましたが、それらは全部自分に合いませんでした。それは、先生に帰国生
だということをちゃんと理解してもらえなかったからだと思います。それに
比べてLEOでは周りも帰国生でしたし、先生が帰国生のことをしっかり
理解してくれて、親近感が湧き、とても居心地が良かったのです。

 大学受験のために高2の途中から、またお世話になりました。周りがみな
帰国生なので、単語テストやエッセイ等で周りの人たちの方が良い点だった
時などは悔しかったですが、それが強い原動力ともなり、受験勉強を乗り
越えることができたと思っています。

 英語長文、和訳、エッセイと、小論文の授業内容はとても濃く充実していて、
自分の求めている難しさと授業のペースでした。何より、先生を中心にク
ラスがまとまっていて授業を受講するのが楽しく、勉強することが楽しく
感じられるようになりました。そして、自分がどんどんできるようになるのを
実感できてとても嬉しかったです。

 そして、あっという間に受験に突入して、良い結果を出すことができました。
私は、LEOが世界一の塾だと断言できます。ありがとうございました。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 武藤海里衣(2011年度生) さん
  • 滞在国・期間 : アメリカ/3年
  • LEO 利用期間 : 1年半
  • LEOで役立った講座: 小6英語・国語・算数
  • 合格校  : 立教女学院中学
Message...

 私はアメリカに三年余り滞在していました。日本に帰国してから
受験のことを聞かされ、色々な学校の過去問題などを見た時は
焦りました。

 そんな中、両親と一緒に訪れたのがLEOでした。最初は授業に
ついていけるか心配でしたが、少人数だったので、分からない
ところも躊躇せず、すぐに聞けました。正しい英語の使い方や書き方も
学べました。単語力も増えたので、以前のように言葉の表し方で困る
ことも少なくなりました。

 また、志望校には算数の試験もあったので、通常授業の他に
算数の個別授業にも通っていました。個別授業では周りを気にせず、
先生も熱心に見てくださったので集中できました。難しい問題の答えが
わかった時は毎回飛び上がるほど嬉しかったです。苦手だった算数が
好きになりました。

 いつの間にか、LEOは私にとって欠かせない存在になっていま
した。先生方皆さんが、気にかけてくださって、たくさんお世話になり
ました。LEOで学んだことは中学でも役立つと思います。これからの
受験生の方々にも、ぜひLEOで勉強してもらいたいと思っています。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 吉田 有里(2010年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • LEO 利用期間 : 1年
  • LEOで役立った講座: 英語長文、英文和訳、英語エッセイ、小論文
  • 合格校  : 早稲田大学国際教養学部、青山学院大学文学部、 明治大学国際日本学部、上智大学国際教養学部
Message...

 私が初めてLEOで授業を受けたのが高2の冬でした。和約や長文読解、
日本語を補う社説の授業からスタートし、春からは小論文の授業も加わり
ました。最初はとてもたいへんでしたが、だんだんに上達していくのを感じる
ことができました。

 春期講習では危機感を覚え、夏期講習ではそれまで以上に勉強しました。
LEOではいろいろな学校の過去問に接して問題形式に慣れることはもちろん、
対策を練ることもできました。

 吉澤先生の作る単語テストや英文問題も本当に役に立ちました。勉強
嫌いな私にとって塾通いは決して楽ではありませんでしたが、LEOだから
やっていけたのだと思います。受験は辛いことがたくさんありましたが、
今では乗り越えた達成感でいっぱいです。LEOと共に受験を乗り越える
ことが出来て本当にうれしかったです。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 本間 薫(2010年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • LEO 利用期間 : 1年
  • LEOで役立った講座: 英語長文、英文和訳、英語エッセイ、小論文
  • 合格校  : 上智大学外国語学部
Message...

 私が進学する上智大学の外国語学部英語学科の帰国生入試には、
英語エッセイ・リスニング以外に和訳の試験が含まれていました。海外
生活が長く、補習校もないところでインターに通っていた私は、日本語に
とても強い苦手意識を持っていました。

 そんな私ですから、和訳など到底できないと思っていましたが、吉澤
先生から「何より大事なのは英語を理解すること。直訳するのではなく、
自分自身で英文の意味をとらえて訳すことが大切。」と教えて頂きました。

 そこから私の和訳、また英語の学習に対する姿勢が変わりました。
意識して多くの文章を訳し、長文読解を日々行うよう心がけ、苦手な
和訳を克服することができました。

 また英語エッセイや小論文の授業を通して文章力を上達させるために
努力しました。吉澤先生を始めLEOの先生方にはとても感謝しています。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 野見山 昌太(2010年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • LEO 利用期間 : 1年
  • LEOで役立った講座: 英語長文、英文和訳、英語エッセイ
  • 合格校  : 上智大学外国語学部、国際基督教大学
Message...

 帰国生入試で第一志望に合格すると決めた私にとってLEOは
勉強する最適の場だった。授業は少人数で行われ、いつでも先生に
質問することができた。

 その上、特に英語の授業は質も周りのレベルもとても高く、最初は
ついていくので精一杯だったが、多くの練習をこなすうちに力が付いて
きたと実感できるようになった。

 自分にとって正念場だったのは夏休みだと思う。夏休みは先生に
勧められるとおりにLEOでもらった教材を和約し、自分の弱点であった
エッセイを時間内に書く練習をひたすらした。

 合格するのに最も必要なのは、その大学に合格したいという強い
気持ちだと考える。自分にその気持ちがあれば自ら合格への道を
切り開こうとするものだ。その気持ちを形にする環境が、LEOにはある。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 佐野 礼香(2010年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校 
  • 滞在国・期間 : アメリカ合衆国
  • LEO 利用期間 : 1年
  • LEOで役立った講座: 英語エッセイ
  • 合格校  : 早稲田大学国際教養学部、 国際基督教大学、上智大学国際教養学部
Message...

 私がLEOに通い始めたのは3年生になる春休みでした。最初から
早稲田や上智の国際教養学部を受験しようと決めていたので、
英語エッセイのクラスを受講していました。

 授業では、様々なトピックにおける文章を読み、ひたすら英語で解答を
書いていく練習をしました。私がLEOの授業で特に良かったと感じたのは、
実際に出題された過去問を解くだけではなく、今まで取り上げられていない
テーマの文章を読んで、それに対する自分の考えをまとめることができた
ことです。

 早稲田の筆記試験では、英語で解答を書くだけではなく、背景知識や
自分の意見を述べることが求められるので、幅広い分野の文章を使って
対策を進めてきたことは非常に役立ったと思います。

 筆記試験の対策の他にも、志望理由書を先生に添削して頂き、書類の
面でも安心して受験することが出来ました。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 天谷 萌さん(2010年度生) さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • LEO 利用期間 : 1年
  • LEOで役立った講座: 英語長文、英語エッセイ、小論文
  • 合格校  : 上智大学総合人間科学部
Message...

 LEOの大学受験対策は各大学の入試に備えた授業が
とても充実していました。過去にその大学や学部を受けた
先輩の話も聞け、参考になりました。

 私は帰国枠が使えず、公募推薦と一般入試で受験する
つもりだったので、英語長文と小論文のコースを主に受講
していました。長文は多くの問題をこなすことで読む速さも
答える速さも速くなりました。長文が得意になり、得点源に
なりました。

 授業では帰国試験の問題を扱うことが多かったのですが、
難しい帰国生用の英語長文を解くことで一般試験にも役に
立ったと思います。

 小論文は先生が書き方から丁寧に教えてくださり、上達
することが出来ました。一つの問題について話し合うことで
自分とは異なる新しい意見を聞けました。

 LEOのおかげで推薦入試によって第一志望の大学に合格
することが出来たと思っています。ありがとうございました。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 伊藤 隆一 さん
  • 合格校  : 東京外国語大
Message...

LEOは大手予備校ではできない少人数制のクラスで、先生に思いっきり質問等ができ、勉強には最適な環境だと思う。英語は帰国生に合った形で行われるのでとても良かった。

実際、私は大手S予備校に通っていたが、授業が一方的で訳の分からないものになっていた。しかし、LEOは少人数制ということだけでなく、帰国生特有の弱点を克服させてくれる授業を行ってくれた。そういう点では特に小論文の授業はとてもすばらしかった。

ゼロからのスタートだったが、最終的には早稲田大学政経学部AO入試合格というレヴェルにまで引き上げてくれた。文章を読み、自分達の意見を言い合い、お互いの書いた小論文を批評し合うということは大学の授業と同等の質であった。常に問題意識を持ち、自分の頭で考えるということを身に付けさせてくれた。このことは小論文を書く上で非常に大切なことなのだと思うが、他の予備校ではできそうでできないと思う。

最近の入試は小論文重視といわれているが、実際に入試を体験してそのように感じた。小論文はトレーニングを重ねると伸びる科目である。しかし、良い先生と良い環境の下でトレーニングをしなくては意味がない。LEOにはそのような環境がそろっている。入試を制したければLEOでトレーニングをするべきである。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 勝賀瀬史子 さん
  • 出身校  : 成蹊中学校
Message...

 5歳から7年間、サンフランシスコとダラスで過ごした私は、日本の学校に通ったことがありませんでした。だから、 算数にも国語にも自信がなく、受験すると決まったときにはパニック状態でした。けれども、LEOに通ってみて、 算数も国語も私がついていけるペースで教われたので自信がつきました。それに英語でも作文や面接を練習でき、 おかげで私は希望の学校に通えることになりました。楽しみながら勉強して良かったです。

 また、中学校に入学する前の春休みには、LEOの「英検1級クラス」を受講しました。入学後も試験直前まで週 1回のクラスに通って勉強しました。単語や日本語での要約などはかなり難しかったですが、少人数での授業の おかげで力がつきました。そして、ちょっと無理かなと思っていた6月の試験で英検1級に合格できました。 これもLEOに通ったおかげだと感謝しています。これからもLEOで英語を勉強していくつもりです。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 福井 夏 さん
  • 出身校  : 東京学芸大学付属高等学校
Message...

5才から5年生の終わりまで海外のインターナショナルスクールに通いました。帰国後は、中学でも英語に取り出し授業がなかったので、夏休み・春休みなどにLEOの英検クラスやTOEFLクラスに通って、英語力の保持・向上に努めました。

 5年生までの英語力しかなかった私ですが、少人数のクラスでボキャブラリーや英文の日本語要約などを丁寧に教えていただいたおかげで、高1の7月に英検1級に合格することが出来ました。これからもLEOで勉強を続けて、いつかは海外の大学で専門的な勉強をしたいと思っています。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
 
  • 名前   : 出水 麻衣 さん
  • 出身校  : 国際基督教高等学校
Message...

昨年7月にアメリカから6年の滞在を経て帰国した私は、帰国以前からLEOで編入についての情報を提供していただきました。おかげで、受験した高校を全て合格し、現在は国際基督教高等学校の3年生として充実した日々を送っています。

 また大学受験について大いに役立つ資格、英検1級の講座をLEOで受講し、頻繁に出題されるボキャブラリーを強化出来た為、1度のトライで合格する事が出来ました。現在私は、長年帰国子女を扱ってきたLEOで、大学受験へ向けて英語や小論文の強化を図っています。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
長谷川早紀
  • 名前   : 長谷川早紀 さん
  • 出身校  : 桐明女子高等学校
  • 滞在国・期間 : カナダ/3年半
  • LEO 利用期間 : 大学受験:高2冬〜高3(1年3ヶ月)、英検1級:大学3年生(3ヶ月)
  • 合格校  : 慶応義塾大学文学部 上智大学文学部教育学科 上智大学経済学部経営学科
Message...

 私は、小学校5年生の夏から、中学2年生までの3年半、カナダの現地校に通っていました。帰国後は、さらに英語力を伸ばし、大学受験にも対応できる力をつけたいと考えていました。最初は予備校で英語の授業を受けていたのですが、満足のいく授業には出会えませんでした。そのような中で、知人の方に紹介していただいたのがLEOでした。

 「TOEFLのスコアをあげていくことで、自然と受験に対応できるだけの英語力がついてくる。」ということだったので、まずTOEFL講座を受講しました。TOEFLの単語や熟語は難しく、最初は不安もありましたが、毎週行われる確認テストで満点を目指すことで、着実に単語力をつけることができました。また、LEOの講座の良い点は、英作文を添削していただけるところです。「このような言い回しの方が良い。」といったことまで、きめ細かく指導して下さいました。TOEFL講座を受けてからは、目標のTOEFL600点を取ることができただけでなく、TOEICの点数も100点以上伸びました。

 高校3年生になってからは、大学受験コースを受講しました。私は一般入試だったのですが、実際の問題よりも難易度が高い問題を毎週解いていたので、本番では十分に力を出せました。またLEOでは小論文の講座も受講しており、このときに身に付けた力は、大学受験に限らず、大学入学後、論述式の試験やレポートを書くに当たっても、大変役立ちました。

 こうして第1志望の大学に合格した私が、再びLEOにお世話になったのは、大学3年生の時でした。就職活動前に、自分の英語力を示す資格を取得したいと考え、3年ぶりにLEOに通うことにしました。「英検1級講座」を受講した結果、1回で合格することができました。

英語力を効果的に磨ける場として、私はLEOをお勧めいたします。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
二宮信
  • 名前   : 二宮信 さん
  • LEO 利用期間 : 帰国子女大学受験コース
  • 合格校  : 学習院大学 法学部
Message...

ぼくは在学中に進路を決めていなかったこともあり、帰国後はまず予備校を決めるところから始まりました。当初は大手を選ぶことを考えましたが、シラバスやマス的授業に抵抗感があり、悩んでいた時にLEOと出会いました。

 先に個人レッスンでTOEFLを学習し、7月から帰国生大学受験コースで本格的に受験準備を進めました。学習的効果の面に関してももちろん良かった点は多々ありますが、僕は学習ケアの面をLEOの学習での利点として強調したいと思います。特に、上述したように少数制に徹している点です。一般受験と異なり、帰国生は個々にいた環境、年数などによって違うものです。そんな中、FACE−TO−FACEの学習から、個人にあった学習をすすめてくれることで、たとえ準備期間が短くても対応できると思います。

 受験が近づくにつれ、やはり僕自身不安はありました。模試のようなものがあれば多少なりとも違うのだと思いますが、とにかく客観的に自分を安心させる材料がないことはとても不安でした。当日も移動時間はとても緊張していたと覚えていますが、試験場についたらそういう気持ちはなくなりました。言葉は悪いですが、他の受験生の会話を聞いていて、自分のイメージよりたいしたことがないと思ったのが本音です。ただ、周りは大手予備校の人ばかりで自分一人がアウェーな気分でした。

 僕がアドバイスできることは少ないのですが、非英語圏(仏・独除く)の人は、英語の良し悪しで選択肢が変わるのでがんばってください。共通して言えることは、常に世の中に関心を持つことと、同時に自分の意見を持つことです。活字がだめな人はテレビでもいいので、時事関係のニュースを見ることです。そして、それを鵜呑みにするのではなく、自分で考えることをするのが大切だと思います。覚えたことはLEOで討論してみるのもいいのではないかと思います。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
井上梓
  • 名前   : 井上梓 さん
  • 出身校  : 三輪田学園高等学校
  • 滞在国・期間 : タイ/3年半
  • LEO 利用期間 : 2004年〜2005年(約1年)
  • LEOで役立った講座: 小論文、TOEFL英文和訳 (全てのコースが◎)
  • 合格校  : 学習院大学、青山学院大学、上智大学
Message...

 私は父の転勤に伴い、中学二年の頃からタイに行き、高校二年生の二学期に日本に帰国しました。

 高校三年生になった時、一番苦労したのが大学受験のための塾選びです。その時、たまたまインターネットで見つけたのがLEOでした。初めて教室に行ったときは、とても小さな所だったので驚きましたが、少人数制の塾に通いたかった私にとって、LEOは居心地のいい塾になっていきました。

 LEOには、本当にいろいろな、面で助けられました。帰国子女入試という受験種別があることは前々から知っていましたが、どの大学に、どのような受験方法があるのか、どういった資格が必要なのか等々、私には、知らないことが山ほどありました。そのような事柄についての情報やアドバイスを与えてくれたのがLEOです。早い時期に、自分自身にあった受験方法を選択できたおかげで、受験勉強もスムーズに進めることができたのだと思います。

 また、私がLEOを大学受験の塾として選んで本当に良かったこと思う点は、吉澤先生を始め、先生方が私たち生徒一人ひとりをきちんと理解していてくれたことです。これは、少人数制の塾ならではのことだと思います。生徒一人一人の得意分野や苦手分野などを先生方が知っていてくれるおかげで、勉強面で悩みを相談したときは、的確なアドバイスをくれました。また、親身になって話を聞いてくれます。先生方が生徒全員のことをここまで理解してくれている塾は、滅多にないと思います。

 大学受験は、最終的には自分との戦いです。でも、その受験に臨む私の手助けをしてくれたのはLEOです。とにかく、少人数制の塾だということ、そして先生方が生徒たちをきちんと見て、理解してくれているということ、この二点は確かです。これから受験を向かえる方には、ぜひLEOをお薦めします。私はLEOに出会えて本当にラッキーだったと思います。

井上梓さんの受験生活
受験生活とLEOの講座

LEOで小論文をとり始めた。今まで小論文など書いたことがなかったので、始めは難しかったが、先生が丁寧に教えてくれたので、徐々に慣れていった。この時期は、小論文と、あとはTOEFLの点数を上げるために、TOEFLの授業をとっていたあと、入試科目に現代文を含む大学を受験する予定だったので、現代文の授業もとって勉強していた。

一番始めの入試が9月末だったので、夏休みは、小論文と現代文を集中的に勉強した。英語も受ける大学に合わせて、Vocabを増やしたり、和訳を練習したりもした。夏休み中は、平日、土は朝からしっかり勉強して、日曜日だけは自分に自由な時間を作ったりして、ストレスをためないように調整した(つもり…)

学習院と青学の入試があった。それが終わった後は、上智に向けて小論文に徹底的に集中した。一般B式でも受けるつもりだったので、英語にも1日1回は触れるようにしていた。

冬期講習で小論文と和訳のクラスをとった。特に小論文はたっくさん書いた。限られた時間の中で、自分の考えをまとめて論文を書く練習に時間を費やした。英語も忘れては困るので、授業をとって、Vocabだけは常に身につけていた(…カナ?)

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
岩成勇輝
  • 名前   : 岩成勇輝 さん
  • 出身校  : Blind Brook H.S. New York
  • 滞在国・期間 : アメリカ 1989年〜1995年、1999年〜2004年
  • LEOで役立った講座: 帰国子女大学受験コース
  • 合格校  : 慶應義塾大学経済学部、慶應義塾大学商学部、早稲田大学教育学部、上智大学外国語学部
Message...

 今こうして合格体験記を書くことができるのはLEOのお陰であり、本当にうれしく思う。正直、私は決して勉強は好きな方ではなく、自分から進んで机に向かうということはあまりなかった。しかし、高2から高3になる夏休みにかけてアメリカから一時帰国し、LEOで2週間程お世話になった時から私の考えは変わった。その時の体験を踏まえてLEOで勉強することを強く勧めたい。

 LEOをはじめて利用したのは上記の通り、高3になる前の夏休みであった。私はせっかくの一時帰国ということで、昔の友達と再会したり、遊んだりしたいという気持ちが強かったが、母親や姉の勧めもあってLEOで日本の高校生と共に勉強することにした。

 僅かな時間ではあったが、その時に自分のレベルの位置づけと、日本の高校生がいかに勉強をしているかということに気付かされた。そしてそのことにより、アメリカに戻って受験まで残り一年という事実を真摯に受け止め、以前よりも自ら勉強をするようになった。SAT・TOEFLも以前とは違って真剣に対策をするようになり、小論文・受験英語などの勉強も始めた。結果として高3の間に受けたSAT・TOEFLで良いスコアを出すことができ、自信をもって本帰国を迎えられた。

 本帰国後ももちろん、受験までの間LEOを利用し、私の弱点でもあった現代文、小論文の強化に努めつつ、英語の問題も数多くこなした。2ヶ月間LEOで受験対策をしたことによって、自分の実力の更なる伸びも実感することができ、他の大手予備校に通う知り合いにも負けないという自信をつけることができた。大手予備校に劣るのでは、という心配をする必要は決してないのである。事実、LEOで行う練習問題のレベルは高いため、実際の受験では特に現代文と英語の試験問題については、予想以上に簡単に解くことができたのである。

 大手予備校に通うことが決して良いのではなく、少人数制で自分の実力を確実に伸ばしてくれる先生のいる場所で勉強することが合格への近道なのではないだろうか。それがこのLEOである。志望校合格を望む後輩たちにも、LEOに通うことを強く推奨する。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
中郡有香
  • 名前   : 中郡有香 さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高等学校
  • 滞在国・期間 : パキスタン/3年 オーストラリア/4年
  • LEO 利用期間 : 高校受験、大学受験
  • LEOで役立った講座: 英問英答、記述、長文読解、時事教養、小論文
  • 合格校  : 早稲田大学、日本女子大学、 中央大学、上智大学、ICU
Message...

 私が最初に「自分は受験生なんだ」ということを意識し始めたのは、はっきり言って高校の楽しい行事が全て終わった後、つまり、高3の9月だった。その一ヵ月後にひかえる最初のAO受験のための志望理由書や対策は進めてきたものの、今一つ緊張感が高まらなかったのだ。しかしなぜか、そのことへの焦りはなかった。後から思うと、私はLEOに依存し、頼りきっていたのだろう。

 LEOという塾は、私に安心感を与えてくれるとともに実力も確実に伸ばしてくれたすばらしい空間であったと、今、受験を終えて心から思える。終わった後なら何とでも言えるかもしれない。しかし私は、この塾に通えたことを誇りに思っている。

 初めて大学受験対策としてLEOに通い始めたのは高校3年の春期講習だった。一時間半という授業時間は私にとって丁度良く、かつ内容も決して簡単ではなく、やる気を持たせてくれるものだった。何より吉澤先生、土屋先生の手厚い指導や人柄に触れ、「LEOでやっていけば大丈夫だ」という確信を持てた私は自分の英単語帳を作り、LEOで毎回実施される「単語テスト」には力を入れていた。

 学校の試験とLEOを両立していかなければならなかった時期は、学校の疲れがLEOで出てしまいぐっすり、などということも正直あった。しかしこんな私のような生徒でも、他の生徒と変わることなく丁寧に指導して、見守ってくださり、合格に導いてくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいである。

 結局、試験場で試験を受けるのは自分だ。しかし私には両親の支え、LEOという「縁の下の力持ち」、そしてそこで一緒に頑張ってきた友達、すべてがあってからこそ実現できた志望校合格だったと感じている。私はLEOに通っていて本当に良かった。このような恵まれた環境で勉強できたことをすべての人に感謝したい。

中郡有香さんの受験生活
受験生活とLEOの講座

まだ「受験生」という意識はなく、せっかくのLEOの授業も宿題のみをただこなすだけだった。学校の方の授業も大変だったので両立は正直難しかった。母親が集めてくれる資料は横目で見て、流していた。(笑)

夏休みに入ってようやく、うっすらと意識が芽生えた。和訳や英作に力を入れ始めた。この頃から自分の単語帳を作り、たまに開いてみたりした。早稲田のAOで必要な志望理由書もこの頃から始めた。

9月、10月は学校での最後の行事が次々と押しよせ、そのつどLEOは休みがちだった。勉強もさぼっていたので、中間テストは苦労した。学校の勉強にほとんど自習時間をあてていたため、理由書および対策は吉澤先生に見ていただきながら少しずつやった。

いよいよ本番間近くなり、私もこの頃焦り始めた。大学に合格したいという気持ちが大きくなり(秋までは「何となく」状態だった)テキストは全てやり直し、電車で単語をやり、ニュースなどを英語で聞いたりして、とにかく英語に慣れようとした。直前は、LEOの授業30分前に教室に入って、自分を落ち着かせ、授業に集中しようと努めた。家では結構好きなことをしていた。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
佐野桃子
  • 名前   : 佐野桃子 さん
  • 出身校  : 国際基督教大学高校
  • 滞在国・期間 : アメリカ/2年 シンガポール/3年
  • LEO 利用期間 : 高2の1学期〜高3終わり(1年半位)
  • LEOで役立った講座: 英問英答、小論文、時事教養、英語記述・長文読解
  • 合格校  : 早稲田大学国際教養学部
Message...

「LEOの受験勉強で良かった点」

 私が、LEOに入ったのは、高2の英検コースを受講した時でした。当時(多分今も)私は眠り癖があったのですが、LEOは少人数制で先生の目がきちんと行き届いていたので緊張感を保つことができました。

 高3になるとコースの数も生徒数も増え、本格的に自分は受験生になったのだと感じると同時に、焦りも感じ始めました。受験までもう1年もないのに、英語の長文は読めない、英語のエッセイや小論文は時間内に終わらない。LEOはかなり早い時間から難関大の問題を与えてくれたので、今思えば早くから特訓できて良かったけれど、当時はかなり大変でした。周りもまた出来る人ばかりだったので何とかその人たちに追いつけるよう、必死に頑張っていました。

 LEOの良い点は入試に的を絞った問題を出してくれるところ、そして気軽に質問したり受験の相談をする事ができるところです。過去の先輩の話を聞いて励まされることもありました。そして私が何よりLEOに感謝しているのが、AO試験の為の志望理由書の添削です。正直言って私は志望理由書とは何なのか全く分からなかったので、取り敢えず書いて先生に見て頂きました。先生が添削してくださったお陰で文がしっかりとまとまり、新たな点を付け加える時も、それを土台に内容を発展することができました。

 早稲田の入試には他に筆記と面接の試験があったのですが、筆記は直前期まで英問英答のクラスで、その入試向けの勉強をしたので本番も動じませんでした。また面接も志望理由書できちんと自分の考えの方向づけができたので、当日も落ちついて臨むことができました。私の合格はLEOの先生方のお力添えなしには到底得ることはできなかったと思います。

 LEOは、様々な経歴の人がいる楽しい塾です。皆まじめにやるけれど、面白い時は大笑いします。私は充実した受験生活が送れました。LEOで頑張って栄冠を勝ち取ってください!!

佐野桃子さんの受験生活
受験生活とLEOの講座

英語の長文を読み始めた頃。とにかく単語を知らないので読めない文が多く、時には1行毎に数単語調べていた始末。集中的に勉強していたのは英単語や英熟語だった。単語テストも思うように点が取れず、覚えて忘れての繰り返しだった。他の科目も大変だったのだが、私は英語が鍵だとふみ、優先順位をつけて勉強した。

1日10時間勉強することを目指し、計画表に毎日何時間勉強したかを書き入れていた。計画表を作ることで、自分を励ますことも戒めることもできたので、個人的には良かった。コツは目先の1週間の計画だけを立てること。こうすると次の週には多少勉強量を増やすなり減らすなり調整ができる。そして計画を立てる際には、初めは少なめに立てると良い。理由は、量が多くてこなしきれないということがないからだ。

夏休みの最後に国教のAOを受ける事を決意した。9〜12月の間はAOの準備と2月の試験に向けての勉強を両立させるのにかなり苦労した。この時期は文化祭や体育祭、模試や遠足など行事がてんこもりだったので、よく頭が混乱した事が多く、その度にカレンダーと計画表を確認し、課題を1つ1つこなしていた。

国教に無事合格し、ほっとしながらも次へ向けて勉強を始めた。この時期は大学への願書を書いたり、入試会場を確認しに行ったりと割と忙しかったので、夏と秋よりも勉強時間が減った時もあった。直前期は過去問を解いたり、不安な点の再確認をして入試に備えた。結果的に2月の試験は駄目であったが、その時に勉強した事は大学に入っても役立つことなので、無駄だったと思うことはなく、むしろ達成感でいっぱいだった。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲
村田 欧亮
  • 名前   : 村田 欧亮 さん
  • 出身校  : クラーク記念国際高等学校
  • 滞在国・期間 : ベルギー/8年 (0〜8歳)
  • LEO 利用期間 : 約1年
  • LEOで役立った講座: 英語長文読解、英語記述、要約演習、小論文、英検準1級
  • 合格校  : 中央大学総合政策学部、政策科学科プロフェッショナルコース 青山学院大学 法学部、経営学部 法政大学 法学部 国際政治学科 明治大学 政治経済学部 政治学科、商学部
Message...

 去年の春、高水準の英語教育を実践している塾を探していたところ、以前に通っていたというLEOを姉に勧められたので、迷うことなく入塾を決めました。

 当初から、LEOは帰国生向けの塾であるとことを知っていましたが、帰国してから約十年も経ち、英語力の維持もままならなかった自分にとって、果たしてその中でやっていけるのだろうかという懸念はありました。

 そして、それは見事に的中しました。受講し始めてから早二日目で挫折しかけたのです。語彙力や読解力不足を感じ、周りとのギャップのなかで不安と焦りで精神的にまいり、情けないことにやめようと思いました。けれど、そこで吉澤先生が励ましてくださったことによって「続けよう」と決心したことが、結果的に第一志望合格をもたらしたのだと思います。

 それからは周りとのギャップを埋めるがごとく必死に食らい付いて勉強しました。毎授業行われる単語テストや授業の予習・復習を地道に続けることによって確実に力がつくであろうと信じて日々、取り組んできました。

 三年の後半、いよいよ受験勉強の追い込みに入る頃には不安が自身へ、継続が確実な力へと徐々に変わっていくのを感じ始めました。受験を終えた今、LEOで得ることができたものが英語以外にもたくさんあったと切実に感じております。

 最後に、お世話になった先生方にお礼を申し上げたいと思います。本当に有難うございました。

村田 欧亮さんの受験生活
受験生活とLEOの講座

ー業の予習・復習、市販の参考書など(大学受験用、英検、TOEIC,TOEFL)リスニングもあったためCNNやディスカバリーチャンネルなどを見て、リスニングのレベルアップも図りました。これは最後までずっとです。

夏休みは、LEOと予備校に通い続けました。LEOでは、英語、予備校では現代文や日本史を中心に受けました。基本的にはLEOと予備校での勉強内容の復習が中心。

平常授業もそのままで、LEOと予備校に通い続けました。内容も夏休みとはさほど変わらないが、学校を休み始めた分をそのまま勉強時間にあてた。

今までやったことの総復習。英単語などの基本的なことを中心に。二月に入ると体調管理には気を使いました。あとLEOと予備校の冬期講習。

[   OB OG  ]  ▲ TOP ▲