• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP >  吉澤コラム > 謙虚さ
謙虚さ

私が出会った生徒で、非常に印象に残っている

生徒が何人かいます。今日はその中の一人に

ついて紹介しましょう。


 その子は、高3女子で、英語がとても良くできる

人でした。それにもかかわらず私の英語の授業を

受けに来てくれました(プラス日本語小論文の

クラスも受講)。英語には相当な自信があったと

思います。各種試験における英語スコアーは

立派なものでした。授業をしていても、しっかり

した英語力の持ち主だと感じていました。

 私が使用する教材は、高校生対象とすればなか

なか難しく、帰国生だからこそ使用できるもの

です。つまり、ネイティヴの学者が書いた論文や

一流の雑誌の記事や新聞記事を使用しています。

帰国生で、ある程度の英語力のある人ですと、

ざっと一読すると、凡そはどんなことが書いて

あるか分かります。ただ、それでその文章を理解

したかというと、決してそんなわけでなく、事実、

その内容について質問してみると、曖昧に解して

いたり、語彙の足りなさが露呈されることがしば

しばです。


 私の授業では、前の授業で使用した文章中に使われて

いた単語について、次回の授業の最初にテストを行い

ます。それは、このレベルの文章を理解できるだけの

語彙力を付けてもらうためです。このテストは、力が

ある人でも、きちんと準備してきませんと良い点は

取れません。意外な点になってしまい、勉強してこな

かったからだ、と言い訳する人が多いテストです。


 しかし、この生徒は、私がこの単語テストをする趣旨を

理解してくれたのだと思います。また、英語はほとんど

問題ないと思っていたけれど、実際は、あるレベルの

文章を本当に理解するためには、まだまだ自分の英語を

鍛える必要があると分かってくれたのです。


 彼女は、私の課す単語テストで、毎回満点を取るつもりで

臨んでいましたし、実際、何回も満点を取ってきました。

さらに、文章理解を高めようという姿勢で授業に臨んで

くれたと思います。


 単語が増えただけでは、文章を深く、正しく読むことは

できません。授業では、いろいろな分野の文章を教材に

して、そこで扱うトピックについて生徒自身に考えて

もらうようにしています。トピックが難しいときは、ヒントを

与えてヘルプします。授業によっては、自分の意見を英語で

書いてもらいます。


 もちろん、生徒の中には問題に答えさえすればいいと

考える者もいます。彼女の場合は、その一つ上のレベルで

授業を受けていたようです。ただし、自分の英語力を

ひけらかすこともなく、どちらかと言えば地味に受講

していましたが、私が、授業中に話すヒントなども聞き

漏らすことはなかったように思います。そして、物事を

理解するということがどういうことなのかを学んでくれた

ように思います。


 彼女も最初からそういう態度で来たわけではありません。

ただ、自分の力に奢らず、さらに学べることがあるのだと

分かったときに、そういう姿勢で対してくれたのです。

これはたいへんポジティヴな姿勢だと言えるでしょう。

その姿勢で最後まで勉強してくれました。日本語の方は、

彼女にとって容易ではなかったと思いますが、冬になると、

小論文の先生から、彼女の書くものが大分良くなって来た

という報告を受けました。日本語もポジティヴに受講して

いたのでしょう。


 彼女の大学受験は、見事な成功で、第一志望の大学に

進学しました。受験終了後、お母さんと一緒に挨拶に

来てくれたとき、彼女の口から印象的な言葉を聞いたの

でした。彼女曰く、「私はここで学んだことがあります。

それは、謙虚さということです。どうもありがとうござい

ました。」


 私はこの言葉を聞いたとき、はっとしました。私にとって

意外な言葉だったからです。が、その瞬間、彼女の偉さを

感じましたし、教師としてたいへんうれしく思いました。

彼女は大学に進学しても、また、その後も謙虚な姿勢で

多くのことを学び、身に付けていくことでしょう。私も

改めて「謙虚さ」という言葉が持つ本当の意味を教わった

気がしました。謙虚さという姿勢は決してネガティヴなの

ではなく、絶対的にポジティヴなのだということを。彼女に

感謝しなくてはなりません。「謙虚さ」という言葉が持つ

美しさを教えてもらったのですから。教師をしていて本当に

良かったと思えるときでした。


参照ページ http://act4gaia.spaces.live.com/default.aspx

[  2009/11/30 22:11  ]   [    Diary  ]  ▲ TOP ▲