• お知らせ
  • 講座案内
  • 吉澤コラム
  • Q&A
  • サンプル問題集
  • お問合せ
  • 体験記・推薦文
  • OB OGの大学紹介
  • 合格実績
  • 資料請求
  • LEOのいろは
TOP > お知らせ > 2011年03月  集
LEO 2010年度生 体験談その2

[  2011/03/31 13:03  ]

山口彩花さん        都立国際高校

 私が初めてLEOに通い始めたのは中学三年生になったばかりの春期講習でした。その前までは帰国子女が集まる週に一度の集団の補習校に通っていたのですが、そこではあくまで今までに身につけてきた英語をただ復習している、キープする授業で物足りなさを感じていました。

 そんな時、母の知り合いの方からLEOを紹介してもらい、春期講習を受けてみることにしました。最初は教室もとてもせまく、本当に先生一人と生徒が四、五人という感じで少し驚きましたが、少人数だからこそわからない所も先生に聞きやすかったですし、授業の雰囲気もアットホームな感じでとても良かったです。

 生徒同士もすぐに打ち解けて、授業に集中し、きちんと勉強しつつもいつも笑いのあふれる授業ですごく楽しかったです。それもLEOの良い所の一つですが、私が一番の魅力だと感じたのは短時間での授業内容の濃さです。

 一時間半という、人によっては長く感じたり、短く感じたりする長さだと思いますが、LEOではその時間をとても効率よく使った授業で無駄が全くありませんでした。私のクラスはみんな帰国子女だったのですが、今まで身につけた英語をさらに伸ばす授業をして下さいました。

 通常授業では毎週単語テストがありました。学校の英語の授業では何も勉強しなくても満点近くとれることができましたが、LEOの単語テストは今までで習っていない単語もたくさん出てきて、毎週頑張って暗記しないと良い点数はとれませんでした。でも今ではそのおかげで文章を書くときに使える単語や表現のレパートリーが増えて、とてもためになったと思っています。

 単語テスト以外では文法などのプリントをしたのですが、文法といっても学校の授業や一般的な塾よりかなりレベルが高く難しかったのですが、答え合わせの時の解説がとてもわかりやすかったです。授業の後半で書く作文では質問に対して自分の考えを英語で書く特訓になりました。

 吉澤先生は進路指導もとても熱心にして下さり、受験が近づくと生徒一人一人に面接の練習をして下さりました。

 LEOの先生方には本当に感謝しています。通常授業以外でも英検やTOEFLの資格を目指す講座もあるので、英語力を上げたい方、実戦的な英語を身につけたい方にはLEOはすごくお勧めです!

▲ TOP ▲

LEO 2010年度生 体験談その1

[  2011/03/23 13:03  ]

1. 佐野礼香さん       早稲田大学国際教養学部((AO)
                 上智大学国際教養学部
                 国際基督教大学
 
 私がLEOに通い始めたのは3年生になる春休みでした。最初から早稲田や上智の国際教養学部を受験しようと決めていたので、英語エッセイのクラスを受講していました。授業では、様々なトピックにおける文章を読み、ひたすら英語で解答を書いていく練習をしました。私がLEOの授業で特に良かったと感じたのは、実際に出題された過去問を解くだけではなく、今まで取り上げられていないテーマの文章を読んで、それに対する自分の考えをまとめることができたことです。早稲田の筆記試験では、英語で解答を書くだけではなく、背景知識や自分の意見を述べることが求められるので、幅広い分野の文章を使って対策を進めてきたことは非常に役立ったと思います。筆記試験の対策の他にも、志望理由書を先生に添削して頂き、書類の面でも安心して受験することが出来ました。


2. 野見山昌太くん     上智大学外国語学部(帰国)
                 国際基督教大学(帰国)
 
 帰国生入試で第一志望に合格すると決めた私にとってLEOは勉強する最適の場だった。授業は少人数で行われ、いつでも先生に質問することができた。その上、特に英語の授業は質も周りのレベルもとても高く、最初はついていくので精一杯だったが、多くの練習をこなすうちに力が付いてきたと実感できるようになった。自分にとって正念場だったのは夏休みだと思う。夏休みは先生に勧められるとおりにLEOでもらった教材を和約し、自分の弱点であったエッセイを時間内に書く練習をひたすらした。合格するのに最も必要なのは、その大学に合格したいという強い気持ちだと考える。自分にその気持ちがあれば自ら合格への道を切り開こうとするものだ。その気持ちを形にする環境が、LEOにはある。

▲ TOP ▲

2011年度入試後記

[  2011/03/10 12:03  ]

2011年度入試後記

1.大学入試
(1)上智13名、青山学院7名、早稲田6名、明治6名、ICU5名。
 以上が、LEO在籍生の合格者数上位校です。
(2)在籍者24名中16名(2/3)が年内に進学大学を決定しました。
(3)早稲田大学政治経済学部AO入試で、5年連続合格者が出ています。
 (国際教養学部には、毎年合格しています)
(4)上智大学海外就学経験者入試は難関ですが、早い時期に受験体制に入り、その学科の試験対策を十分に積んだ人(問題量をこなした人)が合格しています。
つまり、ここの入試は、当日の試験で良い点が取れたかどうかで合否が決まります。
(5)上智・ICUの帰国枠試験で失敗しても、早稲田国際教養AOは十分にチャンスがあります(今年も、その2校に失敗して早稲田に合格した人が3名)。

2.中学入試
(1)頌栄女子3名、成蹊2名、学芸大附属国際中等1名、白百合1名、桐朋女子1名、宝仙理数インター1名。以上が、LEO生の結果です。
(2)全員進学先が決まりました(成蹊、頌栄、学芸附属、桐朋女子)。
(3)英語レベルは、総じて高い年度でした。
(4)例年以上に、国・算・英でバランスよく得点できる人がいました。

3.高校入試(9月編入含む)
(1)ICU3名、都立国際3名、啓明学園2名、桐朋女子・関東国際・聖徳学園・杉並学園・都立府中各1名。
(2)今年は、帰国後2年から3年以上という人が多く、例年とはちょっと違ったクラス編成になりました(そのため、受験校も少し異なりました)。
(3)都立国際合格者の一人は、一般推薦での合格です。帰国後、本当に
がんばったと思います。感心します。
(4)ICU合格者は、全員違う試験での合格でした(9月編入・推薦・A試験)。

▲ TOP ▲

進学説明会&平常授業受付開始

[  2011/03/08 15:03  ]

■大学進学説明会開催

 下記の要領で、大学受験説明会を開催します。参加ご希望の方は大至急
お知らせください(参加無料・事前予約必要)。

 第1回:3/12(土)10時30分から(1時間前後)
 第2回:3/23(水)10時30分から(1時間前後)
 第3回:4/7 (木)10時30分から(1時間前後)
 第4回:4/9 (土)10時30分から(1時間前後)

 対象:新高3生、高2生 および 保護者
 内容:2011年度入試総括、各入試方式の説明、2012年度入試展望、
LEOの紹介、質疑応答、資料配布

■春期講習最終受付け中

 春期講習受講ご希望の方はお急ぎください。高3各コースは定員まで
あとわずかの状況です。

 定員に達したコースはそこで受付け終了となります。他コースにつき
ましては、3/18で受付けを終了する予定です。

■平常授業受付け開始(3/8)

 4月からの平常授業スケジュールが完成しました。特に、大学入試はスタートが
早まっていますので(9月から受験)、早く目標を定め、準備に取り掛かりましょう。

 小論文コース、社説要約・語彙コース、現代文コース、英語長文読解コース、
 英文和訳コース、英語エッセイコース、英文法・語法コース

 高2英語、社説要約・語彙コース、英文法・語法コース

 英検1級コース、英検準1級コース、トーフルコース

 中3英語・国語・数学コース

 小6英語・国語・算数コース

 小5英語・国語・算数コース


以上です。各コーススケジュール・内容は、パンフレットにてご確認ください。面談も受付けております。ご希望の方はお問合せください。

 各コース定員8名です(一部高3コース除く)。受講ご希望の方はお急ぎください。

よろしくお願い申し上げます。

▲ TOP ▲